日本初の住民協議会として昭和48年に発足した住民主体の地域コミュニティ活動体です
大沢住協ロゴマーク 大沢住民協議会 東京都三鷹市大沢
4-25-30
電話:0422-32-6986
FAX:0422-32-6924
各項目をクリックすると項目ごとのページが表示されます
大沢住民協議会 部会活動
利用のきまり サークル紹介
センターの場所
施設紹介 住協カレンダー
行事紹介 リンク
大沢地域ご案内 ご意見ご要望





(↑画像クリックで拡大されます)


NEW!!

施設使用の予約受付と
再開(一部施設を除く)について

東京都による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により休止しておりました施設の予約受付と使用を、一部施設を除き再開いたします。

三鷹市から示されたロードマップに沿うものであり、これまでの使用休止による市民活動の停滞状況を踏まえつつも、利用者の安全安心を最優先に考え、「使用条件」「使用目的」「使用施設」を段階的に拡大することで従来運用を目指します。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
   今後の動向によって、使用状況は変更となる場合や使用できなくなる可能性もあります。


 利用再開(一部施設を除く)
   12月1日(水)午前10時 ~

2 利用できる施設と定員

施設名 定 員 
体育館 60人まで
子ども室 30人まで
自由室 20人まで
乳幼児室 20人まで
ホール 30人まで
鑑賞室 40人まで
会議室 30人まで
多目的室 40人まで
おけいこ室 20人まで
小会議室 20人まで
お風呂 3人まで 12/15~再開

3 使用条件

 次に示す使用条件を全て満たすと共に、ソーシャルディスタンスなどを
 踏まえた
定員人数以下での使用となります。

   □ 息苦しさ、強いだるさ、高熱などの症状がない
     ※入館時は検温をさせていただきます。ご協力をお願いいたします。
   □ 使用者全員のマスクの着用(不織布)
   □ 手洗いの徹底
   □ こまめな換気(1時間に1回程度)
   □ 飲食は黙食でお願いします
   □ 使用者全員の記名
   □ 人と人の間隔(2m以上)の確保

 開館時間

平日と土曜 午前10時 ~ 午後9時
日曜 午前10時 ~ 午後5時
※火曜日と祝日は休館日です 







-休館日等のご案内-
-この他に行事等により臨時休館する場合がございます-


令和4年(2022年) 
5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

休館日

※行事等で変更になる場合があります


センター掲示板

コミュニティ・センター内の体育館・ホール・多目的室・子供室でWi–Fiが利用できるようになりました。設定方法は各部屋のポスターをご覧ください。

 通常休館日  毎週火曜日と祝日
 開館時間  平日:10時~21時 日曜日:10時~17時
令和4年度
大沢住民協議会 活動方針
大沢住民協議会 
会長 岩田洋子

はじめに
 新年度の予算が決まり、新たな年度の活動が始まります。大沢住民協議会の令和4年度の予算総額は、105、793千円、内コミュニティ・センターの管理運営費を除いた活動費予算は、8、307千円です。コロナ禍で2年間にわたり活動が休止状態にありましたが、ウィズコロナ社会における地域活動を積極的に推進するための活動費予算の概要について、地域の皆さまにご報告申し上げます。

1 昨年を振り返り
 大沢住民協議会は、これまで48年間にわたり地域の諸団体、ボランティアグループ、PTA、サークルの皆さまと共に、コミュニティ・センターを拠点にまちづくりの活動を進めてまいりました。一昨年、昨年とコロナウイルスが変異をしながら拡大し、感染症拡大防止のため、当住協をはじめ、地域の諸団体の活動におきましても大半の行事が縮小、中止を余儀なくされました。同センターを拠点とした地域活動のプラットホームとしての役割を充分に果たすことができず地域の皆さまには大変なご不便、ご迷惑をおかけいたしました。
 今年度は感染症の収束との見合いにはなりますが、手洗い、マスク、換気などのコロナウイルス感染症対策で学んだ経験を活かし、ウィズコロナ社会における地域活動を積極的に推進するための取り組みを進めてまいります。残念なことに今年度のコミュニティ祭は中止になりましたが、地域の皆さまには、ふれあいのまちづくりを進めるための全体事業(スポレクフェスティバル、コミュニティ音楽会)をはじめとする各種事業への積極的な参加とご協力をお願いいたします。
 大沢地域防災対策本部、おおさわ学園コミュニティ・スクール委員会、地域ケアネットワーク・大沢などに対し、基幹団体として委員の選出、事務局機能のサポートを始め、一層の連携を図るよう積極的に活動を推進していきます。 
 また、従来から派遣している市の審議会や各種会議などの委員、地域内福祉法人への評議員の推薦なども引き続き協力してまいります。

2 重点課題
 住協設立50周年記念事業 令和5年は、大沢住民協議会が昭和48年に設立されて満50周年を迎える年となります。コミュニティ・センターを拠点とするまちづくりの活動団体としては、日本で最初に活動50周年を迎えます。この記念すべき年を意義あるものにするため、令和2年に設置した50周年企画検討委員会からの答申を受け、令和3年には50周年記念事業準備委員会が発足しました。今年度は、引き続き準備委員会において地域向けリーフレットや資料集の編集を進めるとともに、地域向けイベントの企画などを協議してまいります。

住民協議会の在り方検討委員会
 市内7つの住民協議会の会長と事務局長が集まり、コミュニティ・センターの利用の在り方、地域防災組織や地域ケアネットワークとの協働の在り方、スクール・コミュニティ構想、専従事務局の体制など7住協に共通する課題が議論されています。今年度は在り方検討委員会が提出した中間報告に対する三鷹市からの回答を基に引き続き議論を進めてまいります。

避難所開設訓練
 おおさわ学園の3校と共に大沢コミュニティ・センターは、災害発災時の避難所に指定されています。避難所のマニュアルは、その都度見直され作成されていますが、混乱を最小限にするためには、日常の訓練が不可欠です。この3年間、残念ながら新型コロナウイルス感染症への対応で訓練は実施できませんでしたが、今年度は、避難所開設訓練の実効性を高めるよう引き続き訓練の充実を図ってまいります。

3 各部会の活動
○総務部会

 総会、役員会の開催など住協活動の円滑な運営の他、全体事業であるコミュニティ祭の準備を行います。昨年から各種事業をオンラインで配信する「インターネットコミュニケーション事業」を立ち上げ、コロナ禍の地域活動をサポートする取り組みを進めています。大沢地域のまちづくりを展開している地域の団体を対象に年2回開催される「地域内諸団体との懇談会」は、より多くの団体のご参加が得られるよう積極的にお呼びかけをいたします。

○厚生部会
 健康づくり推進委員会(栄養料理教室・早朝ラジオ体操・健康講座・健康ウォーキング)、大沢なごみ会(会食会)と協力し各事業を開催する他、教養講座なども実施し、地域ケアネットワーク・大沢の活動と共に、地域の皆さまの健康と生きがいづくりに努めます。

○環境部会
 花壇ボランティアによる日常のセンターの花壇管理の他、環境問題懇談会、環境講座などを開催し、環境意識の啓発とまちの美化を進めます。

○広報部会
 毎月発行される広報「おおさわ」は、500号を契機に紙面の2色刷りを進めて本号で562号になります。今年度もさらにわかりやすく親しみのある紙面づくりに努めます。住協だけでなく、地域の情報紙としての役割を果たせるよう各団体やサークルなど地域の様々な情報を皆さまにお届けします。

○文化部会
 全体事業である「コミュニティ音楽会」の他、子どもたちのための「人形劇と絵本で遊ぼう」、そしてICU留学生を招いて実施する「文化のつどい」などの企画を今年度も開催します。また、昨年度から新規事業として「ドキドキママも1年生フリートーク会」を企画・実施しています。

○体育部会
 地域の保護者の皆さまの協力を得て、今年度も全体事業である「スポレクフェスティバル」の他、子どもたちのための「水上フェスティバル」を開催いたします。また、みたかスポーツフェスティバルや市民駅伝など市内スポーツイベントへの協力により、地域スポーツを通じての交流を図ります。担当部会として校庭開放運営委員会を主催します。

○防災部会
 大沢地域防災対策本部の一員として総合防災訓練の実施、コミュニティ・センターでの避難所開設訓練、救急救命講習会の開催など、防災知識の普及や発災時の対応について訓練を行います。

4 運営委員会の活動
 運営委員会の委員は、正副会長及び会計、各部会から1名ずつ選任され、コミュニティ・センターの施設内外について、適切な管理運営が行えるよう定期的に会議を開催しています。今年度も施設の利用者が安全安心に施設を利用できるよう協議をするとともに、施設管理費予算の調整や適正な執行管理に努めます。

おわりに
 コロナ禍でふれあいの大切さを学びました。コミュニティ・センターには、小さいお子様を連れて利用できる乳幼児室、学校から帰宅後の児童・生徒の皆さんは、体育館や子供室などが利用できます。地域の皆さまにとってコミュニティ・センターが楽しいふれあいの場となることを心より願っています。
 結びに、住民協議会は、地域の方どなたでも参加できるまちづくりの団体です。これからの住民協議会のさらなる活性化に向け、皆さま方のお力添えをいただきますようお願い申し上げます。
50年間の思い出募集
 
 大沢住民協議会は、令和5 年に設立50 周年を迎えます。住民の皆さんとともに歩んだ50年。住協やコミュニティ・センターに係る皆さまがたの思い出を募集します。
「広報おおさわ」でご紹介していきます。
問合わせ 事務局(32-6986) 担当 広報部会

令和4年度
活動方針と予算決まる
 
 令和4年度大沢住民協議会定期総会(予算総会)は、新型コロナウイルス感染予防の観点から、書面総会にて行いました。議案は以下のとおりです。

 議案第1号 令和4年度大沢住民協議会活動方針並びに事業計画
 議案第2号 令和4年度大沢住民協議会収入支 出予算

 全ての議案について可決されました。




 自主避難所の開設について

令和元年10月、台風19号の接近にともない、市内の各コミュニティ・センターは自主避難所を開設しました。
大沢コミュニティ・センターにおいても、令和元年10月12日(土)午前10時から自主避難所を開設し、当日はおよそ70人、30世帯の皆様が時間を追って自主的に避難され、台風通過後、安全確認の後、深夜から早朝にかけてそれぞれが帰宅されていきました。
今後も三鷹市との連携の下、状況に応じて自主避難所を開設してまいります。


広報紙「コミュニティおおさわ」バックナンバー
2017年3月(501号) 2017年4月(502号) 2017年5月(503号) 2017年6月(504号)
2017年7月(505号) 2017年8月(506号) 2017年8月(506号) 2017年9月(507号)
2017年10月(508号) 2017年11月(509号) 2018年3月(513号) 2018年4月(514号)
2018年5月(515号) 2018年6月(516号) 2018年7月(517号) 2018年8月(518号)
2018年9月(519号) 2018年10月(520号) 2018年11月(521号) 2018年12月(522号)
2019年1月(523号) 2019年2月(524号) 2019年3月(525号) 2019年4月(526号)
2019年5月(527号) 2019年6月(528号) 2019年7月(529号) 2019年8月(530号)
2019年9月(531号) 2019年10月(532号) 2019年11月(533号) 2019年12月(534号)
2020年1月(535号) 2020年2月(536号) 2020年3月(537号) 2020年4月(538号)
2020年5月(539号) 2020年6月(540号) 2020年7月(541号) 2020年8月(542号)
2020年9月(543号) 2020年10月(544号) 2020年11月(545号) 2020年12月(546号)
2021年1月(547号) 2021年2月(548号) 2021年3月(549号) 2021年4月(550号)
2021年5月(551号) 2021年6月(552号) 2021年7月(553号) 2021年8月(554号)
2021年9月(555号) 2021年10月(556号) 2021年11月(557号) 2021年12月(558号)
2022年1月(559号) 2022年2月(560号) 2022年3月(561号) 2022年4月(562号)
2022年5月(563号)      
↑クリックで広報誌のPDFが開きます


令和3年10月から土曜日の 体育館夜間利用が変わりました!
 
 コミュニティ・センター体育館の土曜日の夜間利用について、有効活用するにはどうすればよいか検討してきました。
 日頃から要望として、団体で利用できないかとの問い合わせもあり、運営委員会で協議した結果、団体利用も認めることとなりました。
 利用については以下のとおり運用しますので、ご確認ください。

● 利用条件
○ 5名以上で構成された団体で、団体を構成する人の半数以上が三鷹市民、三鷹市在勤・在学者であること。
○ 高校生以下で利用する場合は、必ず保護者が複数人で付き添うこと。
○ 毎回事前に申し込むこと。

● 利用時間について
 土曜日の17時から20 時45 分までの間(最大3 時間まで) (ただし、祝日や住民協議会の行事等により利用できない場合もあります。)

※ 緊急事態宣言下においては、開館時間短縮措置の場合はそれに準じます。
開催防災ウォーキング

 水害対策に関するお話を聞いてから、防災に関するスポットを3キロ程度ウォーキングします。ぜひ、ご参加ください。

日 時
集合解散場所
コース

定 員
参加費
申込先
 5月27日(金)午前10時15分~正午(予定)
大沢コミュニティ・センター3階 多目的室
大沢コミュニティ・センター→ 野川大沢調整池→長谷川病院裏の傾斜地→ 古八幡社→大沢コミュニティ・センター
15人(*先着制)
無料
地域ケアネットワーク・大沢 事務局
三鷹市健康福祉部地域福祉課地域ケア推進係
電話:0422-29-9235 *受付開始 5月6日(金)~
(受付時間 平日午前8時30分~午後5時)

「ガーデニングフェスタ2021」
大沢地域の写真を展示します

 昨年三鷹市で行われた「ガーデニングフェスタ2021」に出展された写真の中から大沢地域の写真を展示します。センターへおいでの際は、どうぞお立ち寄りください

展示期間:5 月末~6 月末(予定)
会  場:大沢コミュニティ・センター2 階ホール 環境部会

第45回大沢コミュニティ祭中止のお知らせ

 令和4年5月21日(土)・22日(日)に開催を予定しておりました「第45回大沢コミュニティ祭」は、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を踏まえて、準備委員会において中止の決定をいたしました。楽しみにしてくださっていた地域の皆様には残念なお知らせですが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

大沢住民協議会
募集
「ほたるの里・三鷹村」の村民を募集しています
=子ども達との米づくり ホタルを育てませんか!=

  「ほたるの里・三鷹村」では、三鷹市内に唯一残る水田で、子ども達とともにお米づくりを行っています。また、崖線からの湧水を利用してゲンジボタルを育て、地域の皆さんに鑑賞いただいて30 年を経過しました。
 大沢に残された水田と自然環境を残したいと努力をしていますが、村民の高齢化が進み事業の継続が困難になってまいりますので、事業の継続と大沢の自然を守るため、各種作業にご協力をいただける村民の募集を行っております。
 ぜひ、ご参加ください。ご参加いただける方は、お申し出くださるようお願いします。

条件
1. 規定により年会費 1,000 円
2. 作業に協力いただいた方、年2回の旅行(日帰りと宿泊)に参加できます(コロナ感染防止のため中止する場合もあります)
3.「 ほたるの里・三鷹村」の行事に参加 等

申込
ほたるの里・三鷹村事務局
(または、ほたるの里村民の方にお申し出ください)
海老澤正美 電話 32-3432・池上 正則 電話 31-2436・箕輪  清 電話 31-2690
三鷹市消防団員募集
三鷹市消防団第10 分団が団員を募集しています!
いま、あなたの力が必要です!
 
 消防団は普段、自分の仕事や学業を持ちながら、災害発生時は火災現場の消火活動をはじめ、風水害では警戒対応を行うなど、市民の安全安心を守るために欠かせない組織です。
 三鷹市消防団第10分団は大沢地域を中心に活動しています。災害時の活動はもとより、消防ポンプ車を使用して火災予防の啓発活動を行っているほか、防災訓練での指導や小中学校で生徒たちに防災授業を行うなど幅広い活動をしており、地域の防災リーダーとして活躍しています。
 地域での活動を通じて、三鷹市の多くの人とつながることができます。ぜひ一緒に活動してみませんか?
 入団を希望される方や地域での活動に少しでも興味をお持ちの方は、ぜひ事務局までお問い合わせください。
入団資格
・18 歳以上55 歳未満の健康な方
・市内在住(在勤または在学)の方

問合わせ
 三鷹市総務部防災課[45-1151]

「インターネットコミュニケーション事業」始動!



【どんな事業?】
大沢コミュニティ・センターからネット配信ができる環境を整えることで、•大沢住民協議会からの情報配信•各部会からの情報配信•コミュニティ音楽会など各種事業の配信•サークル活動でも対面とオンラインを同時活用などができるようにすることを目指す事業です。

【貸し出す機材は?】
•ビデオカメラ 
・配信専用ノートパソコン(ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」完備)
・配信用マルチカメラスイッチャー
・撮影用LED 照明器具 
・ハンドマイク
・オーディオインターフェース
・USB-HDMIカメラアダプタ
・取扱説明書一式

【例えばこんな利用法】
・体操サークルでトレーナーを撮影してネットで生中継!密回避などで利用人数が限られている場合でも、コミセンに来られないメンバーは自宅で参加!
・絵本の読み聞かせや朗読、各種講座やセミナーなどをネットで配信すれば多くの方が安全に楽しめる!

※機材の利用は大沢コミセンのサークル登録をしている団体に限ります。
興味のある団体はぜひサークル登録をしてください! コミセンとメンバーのご自宅をネットでつなぎ、対面・非対面を織り交ぜて効果的に活動をしてみませんか? どんどんコミセンを利用して活動の輪を広げましょう!
※条件が揃わなかったり、営利目的と判断されたりした場合には、機材の利用とサークル登録はできません。詳しくはコミセン事務局までお問い合わせください。
※機材は施設外への持ち出しはできません。


大沢コミセン・ワクチン接種会場を独占取材! 動画配信開始!


https://youtu.be/GB0EzZtVvTk

新型コロナワクチン接種会場となった大沢コミュニティ・センターの内部をくまなく紹介するネット番組がYouTubeで配信スタート!

・いつもの体育館がこんな様子に!?
・どんな設備が運び込まれたの?
・ワクチン保管用冷凍庫はどんなもの?

など、関係者しか垣間見られない景色を取材します。

また、三鷹市におけるワクチン接種の現状も発信します。

いま、大沢コミセンの中はいったいどうなっているのか!ちょっと覗いてみませんか?

ぜひご覧ください!
総務部会

防災マップ・浸水ハザードマップ

防災マップ・浸水ハザードマップの最新版は
以下よりダウンロードができます。
(画像をクリックすると拡大表示されます)

防災マップ_第7版(大沢) 
【PDF版ダウンロード】
防災マップ_第7版(三鷹市) 
【PDF版ダウンロード】
浸水ハザードマップ_第7版(大沢)
【PDF版ダウンロード】
浸水ハザードマップ_第7版(三鷹市)
【PDF版ダウンロード】

 
 東京都の浸水予想区域図の更新に伴い、大雨による浸水深とその対応などを示した「三鷹市浸水ハザードマップ」を更新しました。想定雨量が大幅に増加したことや、10cm以上の浸水深に色を付けるようになったことで、これまでのハザードマップより浸水する面積が拡大しています。

 浸水面積の拡大に伴い、風水害時の大沢地区の避難所の取扱いを一部変更しました。羽沢小学校、大沢コミュニティ・センターの二か所は、風水害時は浸水の恐れがあるので避難所の指定を解除しました。そのため、大沢地区の避難所は大沢台小学校または、第七中学校になります。(大沢地区以外の避難所へ避難することもできます。)土砂災害や河川の氾濫の恐れなど、危険な場合は避難所など速やかに安全なところへに避難してください。

 また、ご自宅に土砂災害や河川の氾濫の心配がないときや、安全の確保が取れているときなどは、住み慣れたご自宅で生活を続ける「在宅避難」をお勧めします。新型コロナウイルス感染症防止の観点からも、「在宅避難」は効果的です。市としても、避難所を開設する際は可能な限り新型コロナウイルス感染症対策を実施しますが、避難所の過密を防ぐためにも、ご自宅とご自身の安全が確保できたならば「在宅避難」をお願いします。

 そのためにも、ご自宅での避難生活が継続できるよう、日頃から備蓄等の準備を進めていただければと思います。また、安全な親戚宅や知人宅に避難することもご検討ください。

 今年もすでに九州地方や中部地方で大雨による被害が発生しています。大沢地区の一部では、昨年の台風第19号の際に避難勧告を発令しました。大災害はすぐ身近に迫っています。いざという時に適切な行動ができるように普段から準備をしておきましょう。

 新しい浸水ハザードマップは、6月7日号の『広報みたか』に併せて市内全戸に配布したほか、三鷹市ホームページにも掲載していますのでご確認ください。


広報紙「おおさわ」が2色刷りになりました!



 
広報「おおさわ」は1974年7月の創刊以来、2017年2月に500号を迎えました。
これを機に2色刷りとし、皆様により親しんでいただける紙面つくりへと努めてまいります。
皆様のご投稿をお待ちしております。

広報部員一同
会員募集
関心をお持ちの方はどうぞご参加ください!

「大沢楽碁会」

内容:囲碁
日時:毎週土曜日 午後1 時~ 4 時
場所:小会議室
問い合わせ:上田 32-1200
「三鷹大沢・宮沢賢治の会」

内容:読書会
日時:第1 日曜日 午後1 時~ 4 時
場所:鑑賞室
問い合わせ:大石 34-4655
「あやめ」

内容:9 人制バレーボール
日時:毎週木曜日 午前10 時~午後1 時
場所:体育館
問い合わせ:斉藤 090*9395*6304
「武蔵野シンフォニック・ブラス・オーケストラ」
https://msbo.jimdo.com/

内容:吹奏楽団
日時:毎週土曜日 午後7 時~午後9 時
場所:鑑賞室(練習場所は随時変わりますのでHPよりお問い合わせください)

大沢なごみ会
ボランティアさん募集

活動日時
定例会
毎月第2金曜日 午前10時~午後2時
毎月1回
内 容
・お料理を作ってみなさんと一緒にいただきます。
・大沢在住でお料理好きな方のご参加をお待ちしています。
問合わせ 古畑 0422-34-8766

ほたるの里・三鷹村 村民を募集しています。
子供たちと米づくりやホタルを育てませんか!

ほたるの里・三鷹村では、三鷹市内に唯一残る水田で子供たちと共にお米づくりを行っています。また、崖線からの湧水を利用して「ゲンジホタル」を育て地域の皆さんに観賞して頂いて27年を経過致しました。大沢に残された水田と自然環境を残したいと努力をしていますが、村民の高齢化が進み事業の継続が困難になって参りますので、事業の継続と大沢の自然を守るため、ほたるの里・三鷹村の村民を募集しております。
 ご協力いただける大沢の皆様、是非ご参加下さい。ご参加いただける方、下記にお申し出下さるようお顔いします。
【条件】
1.規定により年会費 1,000 円
2.作業に協力頂いた方、年2回の旅行(日帰りと宿泊)に参加出来ます。
  (経費の一部各自負担)
3.ほたるの里三鷹村の行事に参加 等
申込は事務局まで
海老澤正美 宅 電話32 − 3432
榛澤 義夫 宅 電話31 − 1580
又は、その他の役員及び村民にお申し出下さい。

さつき会に参加しませんか? (地域生活支援介護予防事業)
 
いつまでも元気で生き生きとくらしたい…それは誰しもが願うことですね! 年齢を重ねれば多くの人が「最近忘れっぽくなったかも」「足腰が弱ったかな?」などとちょっとした健康上の心配はかかえているもの。
そんな身体のサインを感じたら、地域の仲間と体操やレクリエーションなど楽しく介護予防をしてみませんか?

実施日および会場
   毎週木曜日の午前10 時30 分から正午まで。(ただし、実施しない日があります)
場 所:大沢コミュニティセンター ゆうぎ室
対 象:要支援、要介護認定を受けていない65 歳以上の市民で、介護予防に取り組みたい方。
募集人員:10人程度
内 容:運動、レクリエーション(ゲーム、季節の行事、外出活動など)
費 用:1ヶ月400円(3ヶ月分をまとめて、お支払いいただきます)

※注意事項
見学ができますので、事前に三鷹市健康推進課(三鷹市総合保健センター)にお問い合わせください。
申し込み後、三鷹市健康推進課保健師による面接を実施し、後日、決定通知をお送りします。

問い合わせ、および申込み先
  健康福祉部健康推進課(三鷹市総合保健センター)
  電話 0422‐46‐325

つくってみようよ 広報紙

毎月発行されている大沢住民協議会の広報紙
「おおさわ」づくりを一緒にやってみませんか。
 関心のある方はぜひ事務局へご連絡ください。
 お待ちしています。
事務局 32-6986 広報部会
耐震工事で館内リニューアル!

   
展望塔跡地の花壇 遊戯室に直接出入りする外廊下と非常口


   
子供室 遊戯室 


   
図書室


 
天井が吹き抜けになったプール

かねてより耐震工事のため、使用中止になっていましたが、この度完成し平成24年10月1日(土)より使用可能となりました。たいへん明るく機能的な体育館になりました。


~主な工事内容~
 1.ステージの高さを1m20㎝にし、下に机、パイプ椅子、パネル脚等を収納できるスペースを設置

2.ステージの両脇に階段を設置

 
3.バリアフリー対策として出入り口に昇降機を設置

4.音響設備を更新


 5.照明は、照度は前より明るくなり、電動で昇降し電球の交換ができる器具に更新

6.バスケットゴールは、透明で電動で昇降できるものに更新
どうぞご利用ください!
社会福祉事業団の食事サービスはいかがですか?

 三鷹市社会福祉事業団では、市内にお住まいの65歳以上の高齢者や障がいをお持ちの方に栄養のバランスに配慮した温かい手作りの食事を年中無休で配達しています。
 当事業団の食事は、管理栄養士が栄養管理を行っているため、健康維持や介護予防に効果的な内容となっております。また、食事の配達は安否の確認にもなります。是非ご利用下さい。

料金:1 食760 円(税込み)
会費:月額500 円(税込み)
提供日:毎日(昼食・夕食)ご希望の方は下記までご連絡ください。
三鷹市社会福祉事業団 在宅福祉サービス ☎ 43-8804



このホームページは現在WindowsIE(8.0日本語版正式版)で動作確認されております
文字サイズは「中」以下で適正に表示されます


管理:広報部会